契約変更時、投球引き継ぎが可能なパターン

車を譲渡する際、譲渡する相手が同居の家族であれば自動車保険もいっしょに譲渡することができます。

 

具体的にいうと、父親が乗っていた車を同居の娘に譲る場合、父親が加入している自動車保険の契約者・記名被保険者を娘に変更することにより父親が持っている等級を娘に譲ることができます。

}PgžxQ

子どもが高校を卒業後免許をとって初めて車に乗るといったような場合、自動車保険の保険料はとても高くなってしまいます。

 

多くの保険会社では年齢条件を定めており、保険会社にもよりますが、全年齢・21歳以上・26歳以上・30歳以上・35歳以上という区分が一般的であり、年齢条件が若ければ若いほど保険料は高くなります。

 

高校卒業後の子どもは年齢条件の設定が全年齢になります。

 

そこで、割引率のすすんだ親の契約を年齢条件が全年齢で高くなってしまう子どもに譲ってやり、親が新規で加入してやることによって、2台の合計保険料はそののまま子どもが新規で加入する場合よりも安くおさえることができるでしょう。

 

しかし家族であっても結婚して別世帯になった子どもや、結婚はしていなくても大学で県外に出て一人暮らしをしているといった別居の未婚の子には引き継ぐことはできなういので注意が必要です。

Comments are closed.