自動車保険の保険会社を乗り換えたい

自動車保険は他社への見直しが前提になる保険です。

 

それは基本の補償が同じだからです。

 

その中で保険会社で差が出てくるのは、各社が優良ドライバーとみなす基準が異なるからです。
現在の自動車保険はリスク細分型が主流です。

 

年齢・性別・運転歴・使用目的・走行距離・地域・安全装置の有無・クルマの種別などを各社が判断して保険料を算出しています。
これらの中には各社が共通であるものも多いのですが、運転免許証の色などによって割引を実施しているところや割引額に差をつけているところ、あるいは実施していない会社などに分かれてきます。

 

また、走行距離の差も距離で算出しているところと使用目的で区分しているところに分かれます。

 

つまり、実際に保険料が安くなるかどうかは、比較してみないと分からないのです。
自動車保険を乗り換える際は条件を同じにして、ダイレクト型と代理店型、外資系と国内損保の違いで分けて見積もりを取ると差もハッキリしてきます。
見積もりのタイミングは直前ではなく、2ヵ月前の段階で取ると良いでしょう。

 

更新ハガキも届きだす時期と重なりますが、現在の自動車保険と比較検討できます。

 

どれだけ優良なドライバーとして見られているか、乗り換えは優遇度の差で選ぶのもポイントです。

Comments are closed.